TOP > 刊行予定

刊行予定刊行予定

光を見た ハンセン病の同胞(きょうだい)たち 趙根在(チョウ・グンジェ)

光を見た ハンセン病の同胞(きょうだい)たち
本の詳細・お問い合わせ

炭鉱労働者からハンセン病を撮る写真家へ。
稀有な写真家はいかにして誕生したのか。

5月中旬刊行予定
  • 趙根在(チョウ・グンジェ)
  • 四六判 340頁
  • 978-4-906681-66-2

全国のハンセン病療養所を訪れ、ハンセン病を撮り続けた写真家が、写真撮影を離れた後、骨身を削って書き刻んだ文章を収録。学校教育では得られない、肉体が獲得したことばがここにある。

[収録作]
・ハンセン病の同胞(きょうだい)たち
・座談 炭坑・朝鮮人・ハンセン氏病
・片割れ監修者の私記
・哀哭・上野英信先生
・八十三年の夢 聞書・文守奉小伝

・趙根在写真掲載リスト
・年譜
・文献目録

収録作には、関連する写真を掲載

愛知県生まれの在日朝鮮人2世の元炭鉱労働者、写真家(1933年~1997年)。中学三年から炭鉱で働き、その後、映像制作現場での照明の仕事などを経て、1961年より多磨全生園を皮切りに、全国のハンセン病療養所を訪れ、ほぼ20年間にわたり、入所患者、建物・施設、行事などハンセン病関連の写真を撮影する。その点数は少なくとも2万5000点におよぶ。1982年以降は、写真撮影から離れ、ハンセン病問題の根源を問う研究に専念する。撮影フィルムは国立ハンセン病資料館に所蔵されており、未公開写真の公開が待たれる。
写真集に『趙根在写真集』(2002年)、『詩と写真 ライは長い旅だから』(1981年、詩・谺雄二)、監修書に『写真万葉録・筑豊』(全10巻、1984~86年、共同監修者・上野英信)がある。

関東大震災から100年、これからの100年に向けて(写真と文) 裵昭(ペ・ソ)

関東大震災から100年、これからの100年に向けて(写真と文)
本の詳細・お問い合わせ
調べ・語り続けている人たちがいる
  • 裵昭(ペ・ソ)

1923年9月1日に関東地方を襲った大地震(「関東大震災」)では、各地で多くの惨劇(朝鮮半島出身者・中国人・社会主義者などの虐殺)が発生した。
その事実を掘り起こそうと各地で活動を続けている人びとがいる。
彼ら彼女たちの思いとはどのようなものなのか。
そして、関東大震災での惨劇を繰り返さないためには何が必要なのか。
「関東大震災」にまつわる人物・風景・活動をカメラでもって紹介し続けている写真家の渾身の1冊

ページのTOPへ戻る

  • クレイン日記 - 図書出版クレインの日々の記録
図書出版クレイン

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-32-9-504
TEL 0422(28)7780  FAX 0422(28)7781
メールでのお問い合わせ、本のご注文は info@cranebook.net