TOP > 安部公房の〈戦後〉 植民地経験と初期テクストをめぐって

安部公房の〈戦後〉 植民地経験と初期テクストをめぐって 呉 ミチョン/著

安部公房の〈戦後〉 植民地経験と初期テクストをめぐって

安部公房の〈戦後〉 植民地経験と初期テクストをめぐって

  • 呉 ミチョン/著
  • 2500円(税別)
  • 四六判 256頁/2009年11月刊行
〈満洲〉から〈戦後日本〉へ。作家の植民地経験とアメリカ体験を基軸に、安部公房像の〈書き換え〉を迫る果敢に試み

韓国人女性研究者による安部公房テクストとの格闘の軌跡。斬新な読み込みが、安部公房文学と日本の現代文学の可能性を開放する。

  • 目次を見る
  • 案内チラシ
Amazonなどのネットストアで品切表示の場合でも、在庫はございます。

その場合は直接小社までご注文下さい。送料は無料です。→ ご注文

[著者紹介]
呉 ミチョン(オ・ミチョン)
1970年、韓国・慶州市生まれ。1992年、韓国・高麗大学卒業。2004年、東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。文学博士。現在、韓国・ハンシン大学教員。韓国語への翻訳書に『歴史と責任』(青弓社) などがある。

クレインの本は全国の書店にてお求めになれます。

書店にご注文の際は、クレインの電話番号 0422(28)7780 をお伝えください。
お急ぎの場合は、当社まで直接御注文下さい。

  • クレイン日記 - 図書出版クレインの日々の記録
図書出版クレイン

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-32-9-504
TEL 0422(28)7780  FAX 0422(28)7781
メールでのお問い合わせ、本のご注文は info@cranebook.net